1. 寛水流TOP
  2. 大会情報
  3. 組手ルール
※お使いのブラウザでは正しく表示しない場合があります。
Internet ExplorerのバージョンUPをおすすめします。

寛水流組手 試合ルール

1.試合開始

  1. 両選手を進行係が呼ぶ。(対戦者は、お互いに反対の位置より出る)
  2. 中央の線を境に一定の間合2mをとり中央に主審が立つ。
  3. 試合時間は、2分間(小学生以下は1分30秒)とする。但し、準決勝・決勝は、一般有段の部のみ3分とする。
  4. 試合続行中服装が乱れたときは、主審は試合を止めさせ始めの位置に戻し、お互いに背を向けて座らせ服装を直させる。

2.サポーター類

  1. 拳・足サポーター(布製に限る)及びヘッドガードの着用を義務付ける(但し、一般有段の部を除く。高校・一般女子の部は着用義務付け)。
  2. 男子はファールカップの着用を義務づける。
  3. 女子のチェストガードの着用は認めない。

3.一本勝

  1. 反則箇所を除いて、突き・蹴り等を瞬間的に決め、3秒以上相手を倒した場合、 もしくは戦意を喪失させた場合。
  2. 技ありを2本取った場合。

4.技あり

  1. 一本にならないが、ほとんどそれに近い技が決まった場合。 (瞬間的に崩れた場合・倒れて3秒以内に立ち上がった場合等)
  2. 反則箇所を除いて、突き・蹴り等を瞬間的に決め、一時的に戦意を喪失させた場合。
  3. ノーガードの中段に威力ある蹴りを決めた場合。 ※中段とは、帯を中心とした周辺で、腹の前部及び側部をいう。

5.判定勝(優勢勝)

  1. 試合終了の合図があると、主審は「やめ」で両選手を分け元の位置に戻す。
  2. 副審は、各自の判断によって勝ち選手の方の旗を上に挙げる。
    (主審は、それを見て自己の判断と照らし合わせて勝敗を決定する)

このページのトップへ

6.反則

  1. 金的蹴り
  2. 頭突き・手・肘・膝による首から上への攻撃
  3. 倒れた相手への攻撃
  4. 背後からの攻撃
  5. 相手を押したり、つかんだりしての攻撃

7.注意

  1. 程度の軽い反則は反則注意となり、2度繰り返すと相手の技有りとなる。
  2. 場外に出た場合は場外注意を与え、2度繰り返すと相手の技有りとなる。 (但し、完全に出たと主審が認めた場合)
  3. 試合中、攻撃に消極的で逃げるような試合態度の場合。

8.延長

  1. 制限時間内に勝負がつかず、判定の結果引き分けの場合、1分間の延長戦を行う。
    (延長戦では、先に技ありを取った方を勝ちとする)
  2. 2度の延長戦でも引き分けの場合、体重判定を行い体重の軽い選手の勝ちとする。 ただし、審判団協議の結果、やむを得ない場合は再々延長戦を行うこともある。

9.その他(失格等)

  1. 出場時刻に遅れた場合。
  2. 試合中に泣いた時、負けにされる場合もある。
  3. 主審の判断により、特に悪質な試合態度と見なした場合。
  4. 試合中、審判の指示に従わない場合。
  5. 体重計量により、重量オーバーの場合。 ※高校生軽量、一般段外軽量、一般有段軽量、一般有段中量のクラスのみ

大会会場での選手及び審判団に対して暴言等の行為は一切認めません。
発覚した場合はその流会派出場選手全員を失格とし、次回大会からの出場を停止いたします。

このページのトップへ

前のページへ戻る